名古屋で企業向けの業務システム開発を行っています

流通BMSとは、「流通ビジネスメッセージ標準(Business Message Standards)」の略で、流通事業者(メーカー、卸、小売)が統一的に利用できるEDIの標準仕様です。

流通BMSに対応することで流通事業者は、発注、出荷、受領、検品、請求などのデータを高速かつ低コストで交換することができます。

具体的には発注データの自動受信等で業務のスピードアップと事務効率の向上とチェーンストア統一伝票をなくし、A4コピー紙へ切り替えコスドダウンを図る等。

弊社の流通BMS共通システムは、市販のミドルウェアパッケージを利用し発注の受信処理を行い基幹業務システムの受注登録を自動で行うシステムです。出荷と受領も同様にミドルウェアを介して複数の取引先と自動で送受信することができます。

当システムは軽減税率対策補助金のEDI機能を有しています。

bms01

弊社の「流通BMS共通システム」は補助対象のEDI機能を有しており、連携する「クラウド対応販売管理システム」では複数税率の計算、適格請求書等の軽減税率に対応します。

当社は指定事業者に認定され、代理申請を行います。

軽減税率対応に向けたシステムの改修・入替をご検討の方はこの機会にぜひご相談ください。

InsightSales販売管理システム

MicrosoftAzureに対応したクラウド販売管理システム

※使用するミドルウェアはキャノンITソリューションズ様の「EDI-Master B2B for JX-Client」になります。